福山市で注文住宅を建てるなら 建築家とのおしゃれな家づくりで
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

高気密住宅
全棟気密測定で快適な家づくり

吹き抜けでシックな雰囲気のLDK
高性能住宅で重要なポイントが「気密」です。いくら断熱性の高い住宅をつくっても、家中に隙間があっては意味がありません。高気密な家づくりは高断熱な家づくりにとって必要不可欠です。また、高気密住宅では「換気」も非常に重要な要素となります。REC HOUSEでは高気密な家づくりの提供をお約束します。

REC HOUSEはC値1.0(㎠/㎡)以下が標準

隙間のない高気密な注文住宅のために

住宅の気密性は「C値」という実際に測る指標で表されます。C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、数字がゼロに近いほど隙間の少ない“高気密な家”になります。これまでの日本の目標は『5.0(㎠/㎡)』。それに対してREC HOUSEの標準は、『1.0(㎠/㎡)』以下です。気密性とは、言い換えると家の隙間がどれだけ少ないか?という指標です。隙間が少なければそれだけ外気が直接入ってこず、外気温に左右されず一年を通して快適な室温に保つことができます。
気密の高い家と低い家

断熱性能を示す指標「C値」とは?

C値は、断熱性能を示す指標の1つです。 断熱性能は、建物が外部からの熱や冷気をどれだけ遮断できるかを示す重要な要素です。 C値が低いほど、建物の断熱性能が高いことを意味します。値が高いと断熱性能が低く、室内の温度差が大きくなる可能性があります。住宅の断熱性能を向上させるためには、建材や窓・壁・屋根などの構造の断熱性能を向上させることが考えられます。C値を低くすることで、エネルギー効率の良い住宅を実現し、暖房や冷房のコストを節約することができます。

REC HOUSEでは全棟気密測定をお約束します

C値を算出する為に行うのが気密測定です。気密測定器を使い、有資格者が測定を行います。C値は、値が低ければ低いほど気密性能が高い事を示します。C値には、施工が大きく関わるため、一棟ごとに気密測定することでしか算出できません。REC HOUSEでは気密測定を行える専門の有資格者が、全棟気密測定をお約束します。

気密性能を高める理由

断熱性が高いだけでは十分な断熱はできない

断熱性能「UA値」は、あくまで隙間がないことを前提として各材料の性能値を家全体で平均化した値に過ぎません。少し極端な例ではありますが、いくら断熱性能が高くても窓を全開にしておけば冬は寒く夏は暑い。つまり、気密性能を上げなければ、十分な断熱性能は発揮できないということになります。
>>夏涼しく、冬暖かい断熱性の高い家づくりについてはこちら

気密と換気について〜換気システムで空気を循環させる〜

気密性能を高めるだけではだめな理由

隙間から流入する空気は量も一定ではなく、外気に含まれる花粉やほこりが含まれています。また、室内で発生する臭いや湿気、汚れた空気も適切に室外に排出しなければ、健康被害にも繋がります。気密性能が高ければ、換気システムを使って計画通りの換気を実現することができ、室内の空気環境を最適化し一年中、快適に暮らせます。更に、フィルターで捉えたアレルギー物質や菌・カビ菌なども抑制し、花粉症やアレルギーなどの病状が軽減されたというデータもあります。

計画換気とは

換気装置を用いて住宅内に流れる新鮮空気の量を制御することです。換気装置を導入していても気密性が低いとあまり意味がありません。なので気密性を上げる必要があり、そのためには大工の技術力が必要になってきます。REC HOUSEでは自社大工での家づくりを行っているため、自社のことをよく理解しています。経営者の考え方はもちろん、会社の特徴や得意な部分なども熟知しており、意識や方向性がズレたりすることはありません。なので工事の精度があがり、とても品質の高い家づくりを実現することができ、それは気密性の高さを上げることにも繋がってきます。

REC HOUSEは第一種換気全熱交換型を採用

第一種換気には、給気と排気を機械で制御し、計画的な換気を可能にするというメリットがあります。また熱交換により、冷暖房で快適な温度に保たれた室温を回収しながら空気を入れ替えることが出来ます。また換気の際に捨てられてしまう室内の暖かさや涼しさを再利用(熱回収)するので、夏はエアコン、冬は暖房等を使用することで、省エネ効果もあります。冬には室内の排気から水蒸気を回収して室内に戻すので、室内の乾燥防止にもなります。近年では住宅の高気密高断熱化が進んでおり、そのような高性能の住宅にふさわしい換気はやはり第一種熱交換型だと思います。
>>気密性と換気システムを取り入れ、快適な暮らしができる「R+house」についてはこちら

第一種24時間換気システムについて

24時間換気システムとは何か?

24時間換気システムとは、室内の空気を機械で2時間に1回、家じゅうの空気が入れ替わるよう計画的に換気して、24時間常に新鮮な空気を維持するための換気設備のことを言います。建築業界では、住宅の高気密高断熱化に伴う、シックハウス症候群の増加が問題となっており、その対策として2003年に建築基準法が改正され、24時間換気の設置が義務づけられました。

24時間換気システムの種類

24時間換気システムの方式には三種類の方法があります。

・第一種換気(機械給気→機械排気)

第一種換気
小型の壁掛ファンを使った分散型と、給気と排気を一か所で行い、ダクトを伸ばして各部屋の換気をする集中型があります。また、集中型には排気の熱と湿度を回収して、給気に戻す「全熱交換型」と、廃棄から熱だけを回収して、給気に戻す「顕熱交換型」の二種類があります。REC HOUSEで採用しているのは集中型の全熱交換型です。

・第二種換気(機械給気→自然排気)

第二種換気
コストが安く室内に埃や塵などが入りづらいというメリットがありますが、一般住宅で採用すると壁内結露などの問題が起こるため、ほとんど採用されない方式です。

・第三種換気(自然吸気→機械排気)

第三種換気
現在最も一般的に行われているのが、第三種換気です。コストが安く、結露にも強いというメリットがあります。ただ、自然吸気のため外気温度や風向きの影響を受けやすく、換気の安定性も一種ほど高くないというデメリットがあります。

高性能住宅の要素

「断熱性能」「気密性能」「計画換気」「耐震性」どれか一つでも性能が欠けると、冷暖房費を抑えた快適な暮らしは実現しません。冷暖房した熱を逃がさず、すべての部屋にきれいな空気を取り込むことが高性能住宅の重要な要素です。R+houseでは、「断熱性能」「気密性能」「計画換気」「耐震性」の要素について十分な検討をしているので、一年中ここちよく過ごすことができます。
快適な暮らしに必要な三要素
#省エネ住宅
#注文住宅
#新築
#高気密
#24時間換気
#第1種換気
#性能

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

土間と階段が一体となった空間

耐震等級3の高耐震住宅

日本は地震大国です。日本各地で頻繁に地震が起こっているため、耐震性が高い家を建てる必要があります。REC HOUSEでは最高等級とされる「耐震等級3」を目指して、家づくりを行っています。
おしゃれな土間

高断熱な家づくり

「夏は涼しく、冬は暖かい」快適な居住環境のために、私たちREC HOUSEは高断熱住宅を提供しています。四季の気温変化を室内に持ち込まず、暖房・冷房コストを削減します。これにより、家計への負担も軽減、日々の光熱費を抑えることにもつながります。また、一定の省エネ性能があると補助金なども活用でき、高断熱住宅は建築費用の削減にも役立ちます。広島県福山市の温暖で湿気の多いに適した高断熱住宅を建てませんか。
コンパクトなリビング

保証とアフターサポート

お引渡し後も長く快適に暮らせるよう、完成した後も安心なサポート。定期点検やメンテナンスなど、各現場担当者があなたの大切なお住まいをサポートし続けます。
シックな外観のR+house

高性能な注文住宅

私たちはお客さまに快適なお家を提供します。高断熱、高気密にこだわり、「夏涼しく、冬暖かい家」の実現が可能です。高性能な家は快適な暮らしだけでなく、光熱費等のランディングコストを抑えてくれます。
2階廊下をワークスペースで有効活用

建築家とのおしゃれな家づくり

私たちREC HOUSEは広島県の福山市・府中市を中心に建築家とつくる注文住宅「R+house」という商品を軸に、性能・デザイン・素材全てにこだわることのできる家づくりを目指している工務店です。
大工 写真

自社大工がいる工務店

「家の性能を引き出すのは大工の腕」「技術を磨き、丁寧な施工」
私たちは土地・大工・電気工事と自社一貫で取り組んでおります。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

リビングダイニング
個別相談会
2024年2月01日~4月30日
土地探しや家づくりの個別相談会in福山
おうちづくりのギモンを解決!個別相談会開催中

注文住宅づくりの流れ
私たちの注文住宅づくりの流れをご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.08

広島県福山市で土地探しをする際のコツは?福山市の災害情報・おすすめエリアを紹介

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.02

換気や室温調整ができる全館空調とは?メリットやデメリット、導入コストを解説

R+house福山の家づくり写真
お金
2024.02.02

広島県福山市の注文住宅の維持費は?家づくりのタイミングでできる維持費を抑えるポイント

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.13

福山市蔵王町は水害の影響を受けやすい?注文住宅の水害対策と耐震性についても解説

R+house福山の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅やリフォームのご相談を承ります。

HEAD OFFICE(本社)
住所
広島県福山市駅家町近田672
営業時間
08:00~18:00
休業日
日曜日、GW・年末年始
不動産SHOP
住所
広島県福山市駅家町万能倉1255-1
営業時間
09:00~18:00
休業日
日曜日、GW・年末年始
きっずハウス
住所
広島県福山市駅家町近田240-8
営業時間
08:00~18:00
休業日
日曜日、GW・年末年始