福山市で注文住宅を建てるなら 建築家とのおしゃれな家づくりで
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

福山市で一戸建てを建てるときに必要な耐震等級とは?災害リスクについても紹介

家づくりノウハウ
公開日:2024.02.28
最終更新日:2024.03.11
R+house福山の家づくり写真
R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.02.28
最終更新日:2024.03.11

福山市で一戸建てを建てるときに必要な耐震等級とは?災害リスクについても紹介

キッチンから続くダイニングと小上がりの和室
昨今、地震が頻発している日本。一戸建てを建てる際は、耐震等級について知っておくことが大切です。この記事では、耐震等級について説明し、耐震等級が高い家のメリットや地域の災害リスクなどを紹介していきます。今回は、広島県福山市にスポットライトを当てて、その地域で家を建てるポイントなども一緒に見ていきましょう。

目 次

耐震等級とは

住宅の疑問
耐震等級とは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」で定められた、地震に対する住宅の強度を示す基準です。耐震等級は建物の強度によって1・2・3の3つの等級に分けられ、数字が多いほど強度が高いという見方をします。以下でそれぞれの耐震等級について詳しく見ていきましょう。

耐震等級1

数百年に1回程度起こる地震による力に対して、建物が倒壊したり崩壊したりしない耐震性を備えている住宅が当てはまる基準です。あくまでも「倒壊や崩壊がない」という意味であり、一定箇所の損傷がないわけではないことを理解しておきましょう。建築基準法が住宅に求める最低基準です。

耐震等級2

数百年に1回程度起こる地震による力の1.25倍の力に対して、建物が倒壊したり崩壊したりしない耐震性を備えている住宅が当てはまります。公共性の高い学校や病院などに求められている強度です。

耐震等級3

数百年に1回程度起こる地震による力の1.5倍の力に対して、建物が倒壊したり崩壊したりしない耐震性を備えている住宅が当てはまります。消防署や警察署など、防災の拠点となる建物が求められる強度です。

参考元:内閣府 住宅の品質確保の促進等に関する法律 に係る告示改正関連資料

一戸建てに耐震等級3の認定は必要?

耐震等級3の家を取得するには、住宅評価を客観的に行う第三者機関に審査を依頼して合格する必要があります。「人命を守る」だけでなく、「ずっと安心して住み続けられる」ようにするには、耐震等級3程度の耐震性は必要と言えるでしょう。しかし、耐震等級3の認定を受けるには、コストや時間がかかるのが現状です。メリットやデメリットを理解したうえで耐震等級3の認定取得について検討しましょう。

マイホームの耐震等級の決め方

グレー調のキッチンと木目のダイニングと階段-min
では建物の耐震性能である耐震等級はどうやって決められているのでしょうか。以下では、建物の耐震性能を決める際の指標になる4つの項目について紹介していきます。

建物の重さ

建物の重さは、耐震等級を判断するのに重要な要素の1つです。建物は軽いほど耐震性が高く、地震で揺れたときに振れ幅が小さくなります。そのため屋根は瓦ではなく、スレートやガルバリウム鋼板などの軽い素材で作るのがおすすめです。

耐力壁の量

耐力壁とは、構造用面材や筋交いで強化した壁のことです。この耐力壁が多いほど、住宅の耐震性が上がり、耐震等級にも影響を与えます。現在の建築法では、耐力壁の量や配置のバランスを考えて建物を建てることが義務付けられています。

耐力壁や耐震金物の配置バランス

耐力壁は多ければ良いというわけではなく、配置のバランスにも気を配る必要があります。建物の片側だけに耐力壁や耐震金物が偏っていれば、反対側の弱い部分が地震の揺れによって倒壊や崩落の危険性があるからです。

床の強度

いくら建物が軽く、耐力壁や耐震金物がバランスよく配置されていても、床の強度が弱くては大きな地震の揺れに耐えることができないでしょう。そのため、床にも構造用合板などを使って強度を高めることが大切です。

耐震工法

耐震住宅・制震住宅・免震住宅と作業員
耐震工法には耐震・免震・制震の3種類があります。以下でそれぞれについて紹介していきましょう。

耐震工法

現在の木造住宅の多くが採用している耐震は、建物の強度によって地震の揺れに耐える工法です。壁の筋交いを増やしたり、梁や柱のサイズを大きくしたりして、建物の強度を高めています。

免震工法

免震とは、建物と地盤の間に免震装置を装備して、地震の揺れを直接建物へ伝えないよう工夫された工法のことです。免震装置はアイソレータやダンパーなどで構成されています。

制震工法

制震とは、建物内部に組み込んだ制震部材や錘(おもり)によって地震の揺れを吸収する工法です。上層部が大きく揺れやすい高層ビルなどに制震工法を採用すると、効果的に揺れを抑えることができます。

耐震等級が高い住宅のメリット

メリットとチョークで書かれた黒板
ここでは、耐震等級が高い住宅のメリットを紹介していきます。

地震保険費用を抑えられる

耐震等級が高い住宅は、地震保険の保険料を抑えられるというメリットがあります。割引率は以下の通りです。
耐震等級
割引率
3 50%
2 30%
1 10%
参考元:割引制度のご案内_損保ジャパン

>>広島県福山市の注文住宅の維持費は?家づくりのタイミングでできる維持費を抑えるポイント

長期優良住宅として認定される

長期優良住宅として認定されるには最低でも耐震等級2として認められる必要があります。耐震等級が高いほど、長期優良住宅と認められる可能性が大きくなります。
長期優良住宅は長きにわたり安心して生活できるのはもちろん、税や住宅ローンの特例措置、補助金などが受けられます。

>>広島県福山市で受けられる補助金は?福山市の支援制度を徹底解説

地震被害を受けにくい

2016年4月の熊本地震の際、住宅性能表示未取得物件または耐震等級1の物件と、耐震等級3の物件の被害状況を比較した調査が日本建築学会によって行われました。熊本地震は数多くの住宅に重大な被害をもたらしたにも関わらず、耐震等級3を取得していた住宅の大部分は無被害でした。このように、耐震等級が高い住宅は地震の被害を受けにくい点がメリットと言えるでしょう。

参考元: 一般社団法人住宅性能評価・表示協会 住宅性能表示制度

安心感を得られる

耐震等級が高い住宅のメリットをいくつか紹介してきましたが、何より安心感を得られるのが大きなメリットと言えるでしょう。人生の中で多くの時間を過ごすマイホームは、安心できる場所でありたいものです。

広島県福山市で起きた過去の災害

阪神淡路大震災で倒壊した家
広島県福山市では、1995年に阪神・淡路大震災で震度4、2000年に鳥取県西部地震で震度5弱、2001年に芸予地震で震度5弱を観測しています。発生確率が高いとされている南海トラフ巨大地震が起こった場合、福山市では最大震度6強を観測すると予想されています。より一層、地震に対する備えが必要になるでしょう。

参考元:地震に備えて - 福山市ホームページ

広島県福山市の災害リスク

福山市には岡山県から約30km延びる長者ヶ原一芳井断層が分布しているため、今後も地震が起こる可能性が高いとされています。福山市で住宅を建てる際は、住宅の性能について工務店や建築士にきちんと相談すると良いでしょう。

>>土地購入の前に知っておきたいこととは?広島県福山市の災害情報・おすすめエリアを紹介

広島県福山市で家を建てるならREC HOUSEへ

黒いガルバリウム鋼板のシンプルな平屋
家族のためのマイホームは、安心・安全でなくてはなりません。REC HOUSEは今後も予想される巨大地震に備えて丈夫な家づくりをお手伝いします。広島県福山市で家を建てるならREC HOUSEへぜひご相談ください。
#広島県福山市#注文住宅 #新築 #R+house #高耐震 #免震 #制震 #災害 #保険・保証・アフターサービス

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

福山市で建てる注文住宅の気密と換気の関係とは?効果的に換気をするためには気密性が重要!

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

福山市で建てる注文住宅の断熱性能を左右する外断熱・内断熱の違いとは?断熱性能を高めるポイントもご紹介

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

福山市の注文住宅におすすめの間取りは?設計のポイントや施工事例を紹介

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

狭小住宅・狭小地×間取りのポイントとは?福山市で注文住宅を建てよう

前へ
福山市で注文住宅を建てる際に知っておきたい安全性に直結する耐震について
地震に強い住宅の特徴は?
平屋には魅力がたくさん!広島県福山市周辺のおすすめエリアも紹介
次へ
福山市で注文住宅を建てる際に知っておきたい安全性に直結する耐震について 地震に強い住宅の特徴は?
平屋には魅力がたくさん!広島県福山市周辺のおすすめエリアも紹介

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Youtube動画
Youtubeで公開している動画をご紹介します。

R+house福山の家づくり写真
注文住宅の写真をご紹介します。

R+house福山の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅やリフォームのご相談を承ります。

HEAD OFFICE(本社)
住所
広島県福山市駅家町近田672
営業時間
08:00~18:00
休業日
日曜日、GW・年末年始
不動産SHOP
住所
広島県福山市駅家町万能倉1255-1
営業時間
09:00~18:00
休業日
日曜日、GW・年末年始
きっずハウス
住所
広島県福山市駅家町近田240-8
営業時間
08:00~18:00
休業日
日曜日、GW・年末年始