福山市で注文住宅を建てるなら 建築家とのおしゃれな家づくりで
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

新築・注文住宅でよくみる高性能住宅とはどんな家?

家づくりノウハウ
公開日:2023.03.25
最終更新日:2024.01.13
R+house福山の家づくり写真
R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.03.25
最終更新日:2024.01.13

新築・注文住宅でよくみる高性能住宅とはどんな家?

レックハウス_高性能住宅
福山でも新築や注文住宅を取り扱う工務店のチラシやHPを見ると「高性能住宅」というキーワードを目にすることが増えましたね。
ただ具体的に何がどうなると「高性能なの?」という疑問が湧いてきませんか?ご質問やお問合せを多くいただくので今回は「高性能住宅」を解説してみようと思います。

目 次

一般的に言われている高性能住宅とは

高性能住宅とは、省エネルギー性や快適性に優れた住宅のことを指します。具体的には、高い耐震・断熱性、機密性能や換気・空調システムの最適化、太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入などにより、住宅の省エネルギー性を高めることで、居住者が冬暖かく、夏涼しい一年を通して快適に暮らせるようになっています。

高性能住宅は、省エネルギー性が高いことから、一般的にエネルギー費用の削減につながります。また、快適性が高く健康的な室内環境が保たれるため、居住者の健康にも配慮された住宅として注目されています。

日本では、環境に配慮した住宅の普及を目的として、国土交通省が定める「ZEH」(ゼロ・エネルギー・ハウス)や「NZEH」(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)などの省エネルギー基準が存在します。これらの基準をクリアすることで、高性能住宅として認定されることがあります。


ただ、快適な家というと人によって捉え方が変わりますよね。
実は、高性能住宅はこれというはっきりとした基準というのがありません。

なので、チラシなどに書いてある高性能住宅というのは各工務店ごとにこだわりや定義が違っておりますので「何を持って高性能なの?」と、注意して説明を聞く必要がありそうですね。高性能と使っている工務店さんの多くは「断熱性能、気密性能、耐震性能、省エネ性能」を指していることが多いので、その辺りを重点的に解説してみようと思います。

R+house福山の家づくり写真


断熱性能とは


断熱性能とは、外からの熱(暑さ)、冷気(寒さ)を家の中に入れないようにしている性能のこと。
断熱性能が高い建物は、外気温が低くなっても室内の温度を一定に保つことができるため、冬場は暖房費を節約できます。
逆に、夏場は室内が外気よりも涼しく保たれるため、冷房費の削減につながります。
UA値という値で示されていて、UA値が小さいと性能が高いということになります。

気密性能とは


気密性能とは、隙間がいかに少ないかを示す性能のこと。
気密性能が高い建物は、外気や風が室内に入り込むことを防ぎ、暖房や冷房効果が効率的に発揮されるため、省エネルギー性に優れ、居住者が快適に暮らすことができます。また、外気の浸入が少ないため、室内の空気が汚染されることを防止する効果もあります。

気密性能を表す指標には、n値やA値などがあります。n値は、外気1m3あたり1時間にどれだけの空気が建物内に侵入するかを表す指標で、小さいほど気密性能が高いことを示します。A値は、建物の外皮の面積1平方メートルあたり、どれだけの空気が侵入するかを表す指標で、小さいほど気密性能が高いことを示します。Q値は、一定の圧力差下で建物内から外気への換気量を表す指標で、小さいほど気密性能が高いことを示します。

耐震性能とは


耐震等級は、地震の揺れに対する建物の耐久力を表し、耐震性能が高い建物ほど等級が高くなります。
日本では、建物の耐震性能については「耐震等級」によって評価されます。また、国や自治体によって耐震基準が定められており、建築基準法に基づいて建物の設計・施工が行われています。

近年では、耐震性能を高めるために、建物の構造や材料の改良に加え、地盤改良や防災訓練などの対策も行われています。

省エネ性能とは


省エネ性能とは、文字通り「エネルギーの無駄を省く」性能のこと。
暖房、冷房など室温によってエアコンやヒーターなどを使う度電力を消費しますが、これらのエネルギー消費の無駄を建物の性能を上げることで抑えることができます。

省エネ性能を高めることで、得られるメリットはこちら

・電気代など費用の削減(経済的なメリット)
・快適な室内環境の維持(健康に過ごせる)
・建物としての資産価値の向上(痛みづらい)



日本での平均的な住宅性能の基準値とは


日本での平均的な住宅性能の基準値は、省エネルギー性能、耐震性能、換気性能など、様々な要素によって定められています。以下に、一般的な基準値を示します。

R+house福山の家づくり写真


快適性能

高性能住宅では、室内の快適性が高いことが要求されます。具体的には、
・断熱性能(UA値が0.8W/㎡K以下ちなみに「最上位」はUA値が0.6W/㎡K以下)
・気密性能(n値が0.6/h以下「最上位」はn値が0.3/h以下とされています)
その他、遮熱性能、結露防止性能、空気質なども重要な要素となります。

省エネルギー性能

日本では、住宅の省エネルギー性能を示す指標として、JIS規格に基づく「住宅の断熱性能表示」が用いられています。この指標によると、一般的な住宅の基準値は、北海道地方を除く全国で断熱性能が0.8W/m2K以下、床下空間の断熱性能が1.2W/m2K以下、全熱交換型換気システムの風量が0.35m3/分/㎡以上とされています。

耐震性能

耐震等級3以上が求められています。一般的な住宅の耐震等級は、1〜3までの間で設計されることが多いですが、高性能住宅と言われる住宅での耐震性能は、一般的な住宅よりも高い耐震等級3以上が求められます。ただし、地震の発生頻度や地域によって耐震等級が異なることもあります。

換気性能

日本では、住宅内の換気性能に関しても基準が設けられています。一般的な住宅の換気性能は、全熱交換型換気システムの風量が0.35m3/分/㎡以上とされています。

世界的に見て日本の住宅性能基準値とは

世界的に見て、日本の住宅性能基準値は比較的高いとされています。日本は、地震や台風などの自然災害にさらされることが多く、さらに高齢化社会が進展しているため、高い住宅性能が求められています。

具体的には、日本の高性能住宅基準値は、外壁・屋根の断熱性能や、窓・ドアの気密性能、換気システムの性能などが高い水準となっています。また、住宅性能評価制度や住宅の省エネルギー性能表示制度なども整備されており、住宅の性能を客観的に評価する仕組みが整っています。

しかし、世界的に見ると、北欧諸国やドイツなども高性能住宅の普及が進んでおり、日本と同様に住宅性能基準値が高いです。また、欧米諸国では、住宅のエネルギー消費量を抑えるために、断熱材の使用や高性能窓の採用などの取り組みが進んでいます。

広島県福山市の断熱性能の基準は?

では福山市の断熱性能はいくつなのでしょうか。住宅の断熱性能は「UA値」という指標で表されます。この数値が「0」に近ければ近いほど、断熱性が高いお家、ということになります。そのUA値、実は日本国内でも地域によって定められている基準があります。

広島県福山市は「5地域」に該当

下記の表で福山市は「5地域」にあたります。5地域のZEH基準のUA値は「0.60」さらにうえのHEAT20 G2基準になると「0.34」と非常に高い断熱性能が求められています。
UA値一覧

高性能住宅を建てたい方の工務店選びポイント


工務店ごとに高性能住宅という定義が違うので「何を持って快適?」「何を持って高性能?」「性能値の基準値をどこにおいているか?」「建てた後にその数値が実現できる根拠は?」などをポイントに工務店を尋ねてみるといいですよ。
高性能住宅における数値目標は、必ず達成できる数値ではなく、間取りや部材、施工する技術力があって初めて実現する性能値です。工務店をお選びの際には施工技術がどれだけあるかなども一緒に調べてみることもオススメです!
>>「夏涼しくて、冬暖かい」お家づくりの秘密とは?REC HOUSEの高性能住宅について詳しくはこちら!
R+house福山の家づくり写真

・工務店ごとの高性能の定義を把握する?
・数値は基準値と比べてどうか?
・施工技術(大工さんの腕)はあるか?
・最適な性能値を提案してくれそうか?

また、上記のような高性能住宅を検討中の場合、数値だけでみるとどこまでも高い数値を目指すことができますが、費用や暮らしに合った最適なポイントがあると思いますので、数値ばかりに目を向けずこれからの生活にも最適なのか?を工務店と一緒に検討してみるのがいいと思います。
家づくりの参考になると幸いです。

R+house福山の家づくり写真


REC HOUSEでは、随時いろいろなイベントを開催しています↓
>>REC HOUSEのイベント情報はこちら!
#注文住宅 #性能 #工務店

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

福山市で建てる注文住宅の気密と換気の関係とは?効果的に換気をするためには気密性が重要!

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

福山市で建てる注文住宅の断熱性能を左右する外断熱・内断熱の違いとは?断熱性能を高めるポイントもご紹介

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

福山市の注文住宅におすすめの間取りは?設計のポイントや施工事例を紹介

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

狭小住宅・狭小地×間取りのポイントとは?福山市で注文住宅を建てよう

福山市で使える 2023年の「リフォーム・リノベーション 」補助金
次へ
福山市で使える 2023年の「リフォーム・リノベーション 」補助金

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Youtube動画
Youtubeで公開している動画をご紹介します。

R+house福山の家づくり写真
注文住宅の写真をご紹介します。

R+house福山の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅やリフォームのご相談を承ります。

HEAD OFFICE(本社)
住所
広島県福山市駅家町近田672
営業時間
08:00~18:00
休業日
日曜日、GW・年末年始
不動産SHOP
住所
広島県福山市駅家町万能倉1255-1
営業時間
09:00~18:00
休業日
日曜日、GW・年末年始
きっずハウス
住所
広島県福山市駅家町近田240-8
営業時間
08:00~18:00
休業日
日曜日、GW・年末年始