福山市で注文住宅を建てるなら 建築家とのおしゃれな家づくりで
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

住宅は木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造どれがいい?福山市周辺で注文住宅を建てる際の基礎知識

家づくりノウハウ
公開日:2024.03.14
最終更新日:2024.03.31
R+house福山の家づくり写真
R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.03.14
最終更新日:2024.03.31

住宅は木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造どれがいい?福山市周辺で注文住宅を建てる際の基礎知識

建築構造の図解イラスト、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造鉄筋コンクリート造のアイソメトリックイラスト
住宅の構造とは、家の骨組みのこと。その種類は大きく分けて木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造があります。それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのか知っていますか?構造別にメリット・デメリットを知り、家づくりをより納得のいくものにしていきましょう。広島県福山市ではどの構造の住宅が多いのかも解説します。

目 次

住宅の「構造」とは

一戸建ての建築模型を持つ若い男性
家づくりの基礎知識として知っておきたいもののひとつである「構造」。建物の骨組みを指します。また、使われる素材によって「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」と大きく3つの種類に分けられます。それぞれの特徴を詳しく解説していきましょう。

木造

建物の骨組みを木材で作る構造です。木造住宅の構造は、工法によってさらに「木造軸組工法」「木造壁式枠組工法(2×4/ツーバイフォー)」の2種類に分けられます。

「木造軸組工法」は柱と梁で骨組みを築いていくもの。日本に古くから伝わる工法を現代建築に発展させています。柱に梁を渡すのが特徴のひとつで、日本で最も普及している工法です。
「木造壁式枠組工法」は木材でできた2インチ×4インチのパネルを組み合わせて築いていくもの。北米から伝わった工法です。

鉄骨造

建物の骨組みを鉄骨造で作る構造です。鉄骨造の種類によって「重量鉄骨造造」と「軽量鉄骨造造」に分けられますが、住宅の場合は「軽量鉄骨造造」が一般的。「重量鉄骨造造」は、ビルやアパートなどの3階建て以上の中層~高層建築に使われます。

鉄筋コンクリート造

建物の柱・梁・壁を、鉄筋を入れたコンクリートで築く構造です。RC造とも呼ばれ、これは「Reinforced Concrete(鉄筋で補強されたコンクリート)」の略。網目状に組んだ鉄筋の周りを板材の型枠で囲み、ここにコンクリートを流し込んで柱や壁などを作っていきます。

構造の違いによるメリット

メリットとデメリットの天秤 - メリット
木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造、それぞれの構造の違いによるメリットをみていきましょう。

木造のメリット

木造のメリットには次のような点が挙げられます。

コストが抑えられる

木材の調達のしやすさや、金属に比べると安価で手に入るためコストが抑えられると言えます。
また、素材の重量もポイントです。木材は比較的軽量であるため、重量に比例して高価になる基礎工事の費用や地盤改良費が他の構造よりも安価で済ませられます。

断熱性や調湿性に優れている

木材は、熱を伝えにくい性質を持っています。鉄骨造や鉄筋コンクリート造に比べると、冬場は外の冷気を、夏場は外の熱気を遮り1年を通して快適な環境を保てます。また、木材は湿気を吸う性質もあるため、梅雨など湿度の高い時期がある日本の気候に合っている素材です。

>>注文住宅を建てるなら、断熱性能に注目!広島県福山市の気候も解説

火災が起きても倒れにくい

木材は燃えやすいと思われますが、じつは燃えやすいのは外側のみ。木材の中心部は炭化層というものができ燃え抜かれにくいという特徴があります。木材は形を残しやすく、住宅火災時には人命救助がしやすいのです。

鉄骨造のメリット

鉄骨造のメリットには次のような点が挙げられます。

品質が安定している

鉄骨造は金属であるため工場で材料を生産します。また、材料のバラつきがなく組み立てやすいのも特徴。熟練の技などが必要なケースは少なく、作業員を選びません。

間取りの自由度が高い

鉄骨造は寸法を好みに応じて作れ、単位体積あたりの強度も木材より高いです。そのため広い開口部や大空間を作りやすく、間取りを比較的自由に考えられます。

シロアリが発生しにくい

シロアリは、湿った木に発生しやすい害虫です。基本的な骨組みが鉄骨造の場合は建築に使う木材が少なくなるため、その分シロアリが発生する可能性を抑えられます。なお、住宅に木材を一切使わないのは難しいため、シロアリの可能性をゼロにすることはできません。

鉄筋コンクリート造のメリット

鉄筋コンクリート造のメリットには次のような点が挙げられます。

耐火性・遮音性・気密性に優れている

全面がコンクリートで覆われるのが特徴のため、非常に強固な建物が造れます。木造や鉄骨造に比べて耐火性に優れています。また、密閉空間が作れるため遮音性や気密性も高いのも他の素材には無い良さです。鉄筋とコンクリートの組み合わせで耐震性を確保しています。

デザインや間取りの幅が広い

木材や鉄骨造では困難な、カーブや円状のデザインを取り入れられます。これは、引っ張りに強い鉄と圧縮に強いコンクリートを使う鉄筋コンクリート造だからこそ成せるもの。また、木造に比べて柱や壁の少ない大広間や広い開口部も作れます。

構造の違いによるデメリット

メリットとデメリットの天秤 - デメリット
続いては、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造、それぞれの構造の違いによるデメリットをみていきましょう。デメリットでも対策次第でクリアできるものもありますよ。

木造のデメリット

木造のデメリットには次のような点が挙げられます。

工法によっては品質や耐震性に差がでてしまう

木造は一つひとつ異なる木を加工した木材を使います。材料の選定や施工技術において職人の技が求められます。経験値で仕上がりに差が出るため、過去の実績などをよく確認して安心して任せられる施工会社を選びましょう。
大工仕事を外部に発注する会社が多いなか、REC HOUSEでは大工全員が社員の自社大工制。経験豊富な大工の高い技術力と丁寧な施工により、安心して家づくりを任せられます。

シロアリ対策が必須

シロアリは木材を食べてしまう害虫です。湿った木材に発生しやすいため、木造の場合はとくに定期的なチェックや対策を行う必要があります。

鉄骨造のデメリット

鉄骨造のデメリットには次のような点が挙げられます。

コストが高い

鉄骨造系の素材を使うと、耐火や防サビの処理に費用がかかります。また、現場ではなく工場で加工するため費用が高くなりやすい傾向があります。基礎工事も、鉄骨造は木材より重量がある分、高くなってしまいます。

火災に弱く断熱性も劣る

木造に比べ火が燃え移る心配は少ないですが、鉄は高温に弱く火災によって強度が落ちやすい特徴があります。熱も伝わりやすいため、冬は寒く夏は暑いといわれます。

隙間ができ気密性が劣る

鉄骨造の場合、柱や梁の接合部分に必ず隙間ができます。そのため鉄骨造は気密性を高めることが他の構造と比べても難しいです。

鉄筋コンクリート造のデメリット

鉄筋コンクリート造のデメリットには次のような点が挙げられます。

コストが高い

鉄筋コンクリート造は強固な構造である分費用がかかってしまう上、工期も長い傾向にあります。また、重量が重いため基礎工事の費用もかさむケースが多くあります。

熱伝導しやすく結露が生じやすい

熱を伝えやすい特徴を持つ一方で透湿抵抗値が高いため、外気との温度差による結露を生じやすいです。湿気も溜まりやすいため、カビ対策も欠かせません。

木造・非木造住宅の割合

グレーのガルバリウム鋼板の家
戸建て住宅の構造としては、木造の割合が8割以上となっています。

参考元:林野省「都道府県の戸建て木造率とは?」

また、集合住宅を含めた住宅の構造でも、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造の3つのうち、日本では木造を選ぶ方が多いです。
2019年に総務省統計局が発表したデータによると、全国では木造が56.9%、非木造が43.1%でした。都道府県別でみると、広島県では木造が56.0%、非木造が44.0%で、全国平均と同程度の割合となっています。
集合住宅(マンション・アパート)を含めると、戸建ての割合よりも木造の割合は低くなることがわかります。

参考元:総務省統計局「平成30年住宅・土地統計調査 住宅数概数集計 結果の概要」

台風や災害の発生状況

台風災害のイメージ
マイホームを建てる際には、台風などの災害発生も考慮したほうが良いでしょう。近年の災害発生状況を見てみましょう。

台風接近数

2021~2023年の、全国の台風接近数および中国地方(山口県を除く)への接近数は以下の通りです。

2021年 … 全国12、中国地方3
2022年 … 全国11、中国地方3
2023年 … 全国9、中国地方1

全国の台風接近数に対する中国地方(山口県を除く)への接近数の割合は2021年25%、2022年27%、2023年11%でした。数としては多くないものの、年に一度は台風が接近する可能性があると考えておいたほうが良いでしょう。

参考元:気象庁「全国への台風の接近数」
参考元:気象庁「中国地方(山口県を除く)への台風の接近数」

>>福山市の水害リスクは?注文住宅を建てる際にできる対策など詳しくはこちら

自然災害被害状況

2021年の自然災害被害状況のうち、建物被害のデータを見てみましょう。なお、ここでの自然災害とは暴風・豪雨・豪雪・洪水・高潮・地震・津波・その他の異常な自然現象を指します。

全国の住宅被害(棟)… 全壊286、半壊4,605、床上浸水1,586、床下浸水7,816
広島県の住宅被害(棟)… 全壊12、半壊157、床上浸水219、床下浸水861

2021年の被害状況は少ないものの、いつ大きな災害に見舞われるか分かりません。マイホームを建てる際には万一の事態を見据えておきましょう。

参考元:総務省統計局「都道府県別自然災害被害状況」

>>福山市で注文住宅を建てる際に知っておきたい、耐震や地震に強い住宅の特徴についてはこちら

やっぱり建てるなら木造!福山市の注文住宅はREC HOUSEへ

リビング側から見た白い壁と木目のLDK
今回は、住宅の構造やその種類についてご紹介しました。REC HOUSEでは高品質な木材を使った木造軸組工法を採用。国の基準や長期優良住宅の基準をはるかに上回る高い断熱性と気密性の家づくりをお約束します。また、最高等級である耐震等級3を基準としており、高い耐震性で安全性も確保。自社のノウハウにより、納得のコストで高性能なマイホームの実現をサポートいたします。福山市で木造の素敵なマイホームをお考えの方は、ぜひREC HOUSEへご相談ください。私たちと一緒に、未来を見据えた安全性の高い高性能な家づくりをしませんか?
#広島県福山市#木造 #鉄筋コンクリート・RC造 #注文住宅 #新築 #R+house #家づくりの基礎知識 #工務店

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

福山市で建てる注文住宅の気密と換気の関係とは?効果的に換気をするためには気密性が重要!

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

福山市で建てる注文住宅の断熱性能を左右する外断熱・内断熱の違いとは?断熱性能を高めるポイントもご紹介

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

福山市の注文住宅におすすめの間取りは?設計のポイントや施工事例を紹介

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

狭小住宅・狭小地×間取りのポイントとは?福山市で注文住宅を建てよう

前へ
平屋には魅力がたくさん!広島県福山市周辺のおすすめエリアも紹介
狭小住宅・狭小地×間取りのポイントとは?福山市で注文住宅を建てよう
次へ
平屋には魅力がたくさん!広島県福山市周辺のおすすめエリアも紹介
狭小住宅・狭小地×間取りのポイントとは?福山市で注文住宅を建てよう

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Youtube動画
Youtubeで公開している動画をご紹介します。

R+house福山の家づくり写真
注文住宅の写真をご紹介します。

R+house福山の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅やリフォームのご相談を承ります。

HEAD OFFICE(本社)
住所
広島県福山市駅家町近田672
営業時間
08:00~18:00
休業日
日曜日、GW・年末年始
不動産SHOP
住所
広島県福山市駅家町万能倉1255-1
営業時間
09:00~18:00
休業日
日曜日、GW・年末年始
きっずハウス
住所
広島県福山市駅家町近田240-8
営業時間
08:00~18:00
休業日
日曜日、GW・年末年始