福山市で注文住宅を建てるなら 建築家とのおしゃれな家づくりで
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

福山市で建てる注文住宅の断熱材の種類を徹底比較、それぞれの特徴や性能、断熱材を選ぶ基準も確認

家づくりノウハウ
公開日:2023.08.24
最終更新日:2024.01.13
R+house福山の家づくり写真
R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.08.24
最終更新日:2024.01.13

福山市で建てる注文住宅の断熱材の種類を徹底比較、それぞれの特徴や性能、断熱材を選ぶ基準も確認

植栽が美しい明るい外観
一年間を通して快適に暮らす注文住宅を建てるためには、断熱性が重要です。高断熱な家であれば、冷暖房効率も高められ、家の中の気温差も小さくできます。

この記事では断熱材の種類を徹底比較し、それぞれの特徴や性能、断熱材を選ぶ基準について紹介します。

目 次

断熱材の種類ごとの特徴とメリット・デメリット

住宅のメリットとデメリット
住宅に使用する代表的な断熱材を紹介します。


種類



特徴



硬質ウレタンフォーム


・断熱性能が高い

・防音効果がある



フェノールフォーム


・高い断熱性能や耐火性能

・断熱性能が長続きする

・シロアリに弱い



セルロースファイバー


・防音効果が高い

・グラスウールと比べると価格が高い



グラスウール


・価格が安い

・軽量で安価なため使い勝手が良い

・湿気に弱い


それぞれの特徴について、詳しく解説します。

硬質ウレタンフォーム

住宅の吹付断熱工事発泡ウレタン
硬質ウレタンフォームは、発泡プラスチック系断熱材の一種です。ウレタンを壁や天井に吹き付けたり板状のものを張り付けたりします。

メリットは、隙間なく敷き詰められ高い断熱性能を得られることや、防音効果もあることです。デメリットとしては、価格が高いことが挙げられます。

フェノールフォーム

フェノールフォームも発泡プラスチック系断熱材の一種で、フェノール樹脂を発泡させた断熱材です。

メリットは、高い断熱性能や耐火性能を持つこと、湿気に強いことが挙げられます。有毒ガスを排出しづらく、不燃・準不燃材料の認定を受けています。

デメリットとしては価格が高いことと、シロアリに弱いことがあります。

セルロース

セルロースは天然素材系断熱材の一種で、新聞紙などを再利用した断熱材です。
吸湿性が高く、薬剤処理によってカビや害虫の発生も防げます。また防音効果が高いことも特徴です。

ウレタンフォームやフェノールフォームよりは安いですが、グラスウールに比べると価格は高くなる場合が多いです。

グラスウール

グラスウールは繊維系断熱材の一種で、その名の通りガラスを溶かして細く引き伸ばした断熱材です。

メリットは、軽量で安価なことや防音効果が高いことが挙げられます。また、シロアリに強いこともポイントです。

デメリットは、湿気に弱いことです。施工時に対策しておかないと、内部結露の原因となります。

>>注文住宅を建てるなら、断熱性能に注目!広島県福山市の気候も解説

断熱材の耐用年数について

日当たりの良いグレーと白の落ち着いたダイニングキッチン
断熱材の耐用年数については種類によって異なりますが、一般的には30〜40年ほどで、経年劣化により性能低下が見られるといわれています。

無機繊維系の素材、たとえばグラスウールやロックウールなどは、比較的劣化しにくいことが特徴です。しかし、湿気に弱いことから、施工方法を失敗するとカビが発生してしまいます。天然繊維が原料のセルロースであれば湿気にも強いため、日本の気候にも合っているといえるでしょう。

断熱材の選び方は、耐用年数だけでなく、施工方法やコストなども考慮する必要があります。ご自身のニーズに合った断熱材を選ぶためにも、建築家や工務店に相談してみてください。

>>福山市で建てる注文住宅の断熱性能を左右する外断熱・内断熱の違いや断熱性能を高めるポイントを解説

広島県福山市のZEH基準、HEAT20基準におけるUA値

ZEH文字と家
高断熱のマイホームを建てるためには、UA値について知らなくてはなりません。UA値とは外皮平均熱貫流率のことで、「住宅の内部・外部間でどれだけ熱が出入りするか」を表す数値です。UA値は次の計算式で求めます。

外皮平均熱貫流率(UA値)[W/m2K]=建物が損失する熱量の合計[W/K]÷外皮面積[㎡]

UA値には地域ごとや水準別に基準が設けられており、広島県福山市では次の表のとおりです。


基準



UA値


省エネ基準



0.87


ZEH水準



0.60


HEAT20 G2水準



0.46


HEAT20 G3水準



0.26

なお、REC HOUSEでは指標UA値を0.46としています。

参考:国土交通省|住宅性能表示制度の見直しについて
参考:国土交通省|地域区分新旧表 令和2年7月時点

>>広島県福山市で注文住宅を建てるなら性能を重視しよう!地域のUA値も紹介
>>福山市で建てる注文住宅の断熱性能や室温の基準となる省エネ基準・ZEH・HEAT20の違いと光熱費を比較

広島県福山市の気候

草戸山公園展望台より福山市内を一望
広島県福山市で暮らす場合、地域ならではの気候についても知っておきましょう。ここからは、福山市の日照時間や雨量など、暮らしに直結する気候について紹介します。

福山市は雨や雪が少ない、瀬戸内地域ならではの温暖な地域です。2022年の年間平均気温は16.2℃で、平均最高気温は8月が33.5℃、7月は32.1℃となっています。冬期の平均最低気温は、1月で-0.9℃、2月で-1.1℃です。

降水量は年間で773.5mmと非常に少なく、最も多い7月でも156mmです。年間日照時間は2,240.4時間と2,200時間を超えており、全国的に見ても晴れが多い地域と言えます。(※東京の2022年の年間日照時間は2,028.9時間です)

そのため福山市は太陽光発電を行いやすく、ZEH住宅なども検討しやすいでしょう。

参考:国土交通省気象庁|2022年の気象データ 広島県福山市

>>福山市の気候を知ろう!快適に暮らすために必要な住宅性能とは?

広島県福山市で注文住宅を建てるならREC HOUSEへご相談ください

大きな窓から広いベランダが見えるリビング
REC HOUSEでは、トップクラスの断熱性能を誇るフェノールフォーム素材の「ネオマフォーム」を使用しています。ネオマフォームは長期間にわたって高い断熱性能を維持できるので、長く快適な暮らしにも最適な断熱材です。

REC HOUSEでは断熱材以外にも、マイホームの高断熱・高気密にこだわっています。福山市で注文住宅を検討する際は、ぜひREC HOUSEへご相談ください。

>>福山市でREC HOUSEと進める高断熱・高気密・高耐震の高性能な家づくりについてはこちら!
#広島県福山市#注文住宅 #新築 #高断熱 #ZEH #HEAT20 G2 #HEAT20 G3 #家づくりの基礎知識 #性能

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

福山市で建てる注文住宅の気密と換気の関係とは?効果的に換気をするためには気密性が重要!

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

福山市で建てる注文住宅の断熱性能を左右する外断熱・内断熱の違いとは?断熱性能を高めるポイントもご紹介

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

福山市の注文住宅におすすめの間取りは?設計のポイントや施工事例を紹介

R+house福山の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

狭小住宅・狭小地×間取りのポイントとは?福山市で注文住宅を建てよう

前へ
福山市で高断熱住宅を実現するならリフォームがおすすめ!
福山市で建てる注文住宅の気密と換気の関係とは?効果的に換気をするためには気密性が重要!
次へ
福山市で高断熱住宅を実現するならリフォームがおすすめ!
福山市で建てる注文住宅の気密と換気の関係とは?効果的に換気をするためには気密性が重要!

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Youtube動画
Youtubeで公開している動画をご紹介します。

R+house福山の家づくり写真
注文住宅の写真をご紹介します。

R+house福山の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅やリフォームのご相談を承ります。

R+house 福山店